過去があるから今がある。石(意思)が積み重なってココにいる。
ムダなコトは1つもない。未来とは「今」の連続である。

へたな鉄砲数打ちゃ当たる。へたでも打たなきゃ当たらない!をモットーとする
かたことの極私的「雑誌系」サイトです。(since 2004 Feb.)

★My Favorite★

ガンダム・プロレス(スターダム・新日本etc)・クルマ・和(いずみ ex. 榊いずみ/橘いずみ) ・overcoat’s(オーバーコーツ)・中村 中・所ジョージ・内田樹・椎名誠・津村記久子・放浪息子(志村貴子)・押見修造・ひらやすみ(真造圭伍)・ディックブルーナ・ヨシタケシンスケ・nice time cafe・COFFEA EXLIBRIS・HORIGUCHI COFFEE (順不同敬称略)

★Book Review★

 やぎ本。⇒本が大好物なやぎのぢぇーむすくん(a.k.aかたこと)がオーガナイザーを務めるやぎの本棚、略して「やぎ本」。本や本にまつわる情報の紹介。神出鬼没でごくまれに登板します。
 ◇最新本◇  今年(といっても2021年だけど、、)読んだ本。後編 

★Original Goods★

 Everyday39(エブリデイ・サンキュー)⇒katakoto cafe、やぎ本。につづくかたこと第3の架空のブランド。かたこと流に「毎日が楽しくなる」新たなアイデアを加えたグッズ関係のブランドです。
 ◇最新グッズ◇  『靴箱→ファイルボックスへトランスフォーム!』 

★Others★

 祝☆overcoat’s(オーバーコーツ)再結成記念!!  ワタクシが検索しやすくするため(笑)overcoat’sについて書いたブログをまとめて読めるようにしました。ブログタイトル下のカテゴリー「overcoat’s」をクリックしてね~☆
 ◇最新ブログタイトル◇   『ついにovercoat’sアルバムリリース決定♪♪』 

新日本1・4東京ドーム&ノア1・5後楽園ホール雑感。

ひきつづきプロレス話。IGFの「不穏」「ぎくしゃく」「ドッチラケ」もいいんだけどさ、かたやプロレス的には「信頼」てのも要素として大きいんだよね。
結局親日本のドームのメインが中邑選手vs棚橋選手のインターコンチ戦になったのも、カードに対してと2人に対しての「信頼度」の大きさ、コレがセミのオカダ選手vs内藤選手のIWGPヘビー戦よりあったてコトだモンね。
まだ新日本が今のように盛り返してきてない、沈んでた何年か前の新日本を支えてきたのが棚橋選手であり中邑選手だし、ソコからファンの信頼というモノを得てきている、積み重ねてきた結果が試合の順番に表れたんだと思うよ。永田選手から棚橋選手中邑選手とつないできて、今はオカダ選手もソコに加わってきている。でも内藤選手はまだソコまでの信頼度を勝ち得てない。メインを任せられるか、ソコまでの重責というモノをまだ背負い始めたばかりだと思うんだよね。オカダ選手は今ソレを継続中だし、内藤選手もコレからなんだと思う。最後は棚橋選手に任せれば大丈夫、中邑選手に任せれば問題ない、そういう風に内藤選手もなればいい。
そういう意味でいうとムタ選手もそうなんだよ。ムタ選手がドームにオファーされるというのはムタ選手への「信頼」だろ。今回の試合観ても、とりあえず試合は平均のモノに仕上げるじゃない。まームタ選手があんまり意味が無い、ムタの無駄遣い=ムタ遣い(笑)みたいな気もしたけど、アレはアレでいいんじゃないのーという感じで。
ソレでいうと今回のグレイシーの参戦というのは、唯一展開が読めない試合というか。他のは大体予想つくじゃん?でもこの試合だけは、果たして試合成立するのかな?と。想像よりスイングした良い試合になるか、大凡戦になるかどっちかだろなと思ってたら、大凡戦〜(笑)。ドッチラケでちた。永田選手がドレだけ試合を成り立たせられるか、ひっぱれるかという手腕にかかってたと思うんだけど、なかなかムズかしかったようだね。まー次に続くみたいだけど、もうちょっとグレイシーが順応すれば(「しすぎ」もつまんないけど)、その先にもしかしたら桜庭選手とグレイシーが組む、なんてコトもあるのカモしれない。その場合、相手がいるのか分からないけど(笑)。
ドームはこのくらいにして、ノアについても少し語ろう。「やっぱりそうだろうな」と当初思ってたとおりKENTA選手が王者陥落した。まー年の初めに何か波乱が無いとていうのと、あとKENTA選手は去年1年ノアを引っぱってきたからさ、そろそろ休ませてあげてもいいんじゃない?と思ってたから、たぶん今回は森嶋選手が勝つんだろうと思ってたらそうなった。もう相手も一巡したからねー。KENTA選手も「信頼」だからね。信頼を積み重ねてきたから。
でも予想外だったのは森嶋選手が軍団を作ってきたコトだな。コレはまったく想定してなかった。だからつってあんまし軍団としてどうこうていう目立った動きは無いんだろうけど。森嶋選手がチャンピオンなワケだし、ソコはKENTA選手同様、軍団のリーダー的な動きであり軍団としての動きとしてはあまり無いだろうというのと、まーカードの便宜上、ていう意味合いが強いんだろうなと。ジュニアには拳王選手、タッグで3通りの組み合わせができて、6人タッグもできると。ソレ以上の意味は無いよと。そう思うんだけど。