過去があるから今がある。石(意思)が積み重なってココにいる。
ムダなコトは1つもない。未来とは「今」の連続である。

へたな鉄砲数打ちゃ当たる。へたでも打たなきゃ当たらない!をモットーとする
かたことの極私的「雑誌系」サイトです。(since 2004 Feb.)

★My Favorite★

ガンダム・プロレス(スターダム・新日本etc)・クルマ・和(いずみ ex. 榊いずみ/橘いずみ) ・overcoat’s(オーバーコーツ)・中村 中・所ジョージ・内田樹・椎名誠・津村記久子・放浪息子(志村貴子)・押見修造・ひらやすみ(真造圭伍)・ディックブルーナ・ヨシタケシンスケ・nice time cafe・COFFEA EXLIBRIS・HORIGUCHI COFFEE (順不同敬称略)

★Book Review★

 やぎ本。⇒本が大好物なやぎのぢぇーむすくん(a.k.aかたこと)がオーガナイザーを務めるやぎの本棚、略して「やぎ本」。本や本にまつわる情報の紹介。神出鬼没でごくまれに登板します。
 ◇最新本◇  今年(といっても2021年だけど、、)読んだ本。後編 

★Original Goods★

 Everyday39(エブリデイ・サンキュー)⇒katakoto cafe、やぎ本。につづくかたこと第3の架空のブランド。かたこと流に「毎日が楽しくなる」新たなアイデアを加えたグッズ関係のブランドです。
 ◇最新グッズ◇  『靴箱→ファイルボックスへトランスフォーム!』 

★Others★

 祝☆overcoat’s(オーバーコーツ)再結成記念!!  ワタクシが検索しやすくするため(笑)overcoat’sについて書いたブログをまとめて読めるようにしました。ブログタイトル下のカテゴリー「overcoat’s」をクリックしてね~☆
 ◇最新ブログタイトル◇   『ついにovercoat’sアルバムリリース決定♪♪』 

今年もリサイクル図書の季節がやってまいりました!

毎年この時期になると「そろそろ図書館のリサイクル図書の日にち分からないかな、、?」とソワソワしてくる。ワタクシにとっては晩秋の恒例行事となったリサイクル図書。今年は事前にしっかり日にちの情報もGETし、昨日、まず近所の図書館のリサイクル図書をGETしに行った。今年は大漁か?不漁か?はたまたボーズか?

まずは「第1弾」というコトで2冊GETしてきた。まだ画像の読み取りエラーが出て読み取りできないので、リンクで。

bookmeter.com

1冊目はコレ。『無駄学』。まずタイトルがとてもよろしい。このブログのヘッダにも書いてある「ムダなコトは1つもない」にもなんとなーくつながりがあるようなないような。。

ちなみにこの文の意味て、ワタクシが「ムダなコトが嫌い」という意味ではなく、「一見ムダと言われるようなコト、または自分でムダだと思ってるコトでも見方を変えたり、時が経てば役に立つようになるカモよ」という意味もある。ごみだと思っても使い方を考えればごみじゃなくなるのと同じ。そのへん誤解があるカモなので、一応そういうコトで。

むしろワタクシはムダが好きだ。ムダ万歳である。ムダが人生に豊かにしてくれる、とまで考えている。果たしてそういう考えを持つワタクシが読むに相応しい本なのか、、?パラパラめくってみると「しょうゆのかけ方」から「トヨタカイゼン」までという、とても幅広いムダを取り扱ってるよう。

bookmeter.com

お次はコレ。『日本という妄想』。作者は宗教学者で、内田樹せんせー経由で名前だけは知ってる。この本もパラパラめくって「なんとなく読めそうかな?」と思ってもらってきた。

「戦後のこの国は、こういった事象であり要素・キーワードによって形作られている・成り立っている」というような読み物じゃないかな?と思ってる。すいすい読めるかは分からないけど。たぶん他のメインの本を読みつつ、合間合間で並行的に読みすすめる感じになるカモしれない。

近所の図書館でGETしたのは、とりあえずこの2冊だけ。第2弾は歩いて30分ぐらいのトコロにある図書館で、興味のある本があればGETしてこようと思ってる。